TN-30 チップソーボディ研磨機

特徴

従来のチップソー台金の刃型整形は、手摺り整形が主流でした。その為本来の刃型が崩れ、不均衡になり、振動及び切削面の荒れの原因となっておりました。


そこで本機の特徴は...

  • バランスを保ち、美しくかつ能率的に台金整形ができます。
  • 送り爪を使用せず割り出し装置制御のためチップの欠けがあっても研磨できます。
  • タッチ画面方式で操作が簡単です。
  • 0.1mm単位で自動切込ができ研磨終了後、自動停止します。
  • チップとの台金の境目が自由に調節でき、チップの高さも思いのままに出来ます。

動画


機械写真

仕様

研磨可能寸法 200〜610mm
研削可能ピッチ 割出し装置制御により1〜999
研削可能板厚 4.0mm
歯送り・研磨速度 6〜30P(毎分)
砥石回転 3,400 RPM
砥石寸法 140〜230φ mm
砥石モーター出力 400w 3相
駆動モーター出力 100w×2 3相
機械(全高X全巾X奥行) 1,060×730×930 mm
機械重量 130kg

カタログ

TN-30 チップソーボディ研磨機
TN-30 チップソーボディ研磨機
PDF:355KB)